ALFフランス語学校

東京都内でフランス語会話・文法を学ぶなら、ALFフランス語学校。都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分、JR京浜東北線・山手線 浜松町駅から徒歩4分。一人ひとりのニーズに合わせたレッスン形式でフランス語がしっかりと身に付きます。

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フランス語学校に入学するまでにまず行っておきたいのは、通うスクール先への連絡です。直接来航しても構わない学校もありますが、基本的には電話やメールで事前にアポイントメントをとっておきましょう。 入学に際し、学校側は生徒に対して適正能力を見るほか、個人に合わせたレッスン計画を練るために簡単なレベルチェックと面談をする必要があります。その際、料金やシステムに関しての説明もあるので、もしわからない点があれば質問しておきましょう。 レベルチェックに関しては初めてフランス語を利用する人も気軽に楽しんでもらえるように、無料レッスンという体をとっているところもあります。これにより不合格になることはまずないので、純粋にフランス語を楽しみましょう。 面談とレベルチェックを済ませると、コースまたはクラスが決定します。その後は、手続きの際に受講申込書や必要書類が必要となるので用意しておきましょう。入会金や授業料を支払ったら入学になり、レッスンが始まります。
Tagged on: , ALFフランス語学校