株式会社三晃商会

中古クレーンの買取販売は三晃商会にお任せください。。重機販売輸出や建設機械輸出、中古建設機械の販売・買取を行っております。

建設機械の関連情報

建設機械(けんせつきかい、英語: construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、heavy equipment)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

中古クレーンを買取してもらうときは事前に準備をして、手続きの流れを把握しておくとその後の流れがスムーズに進みます。 買取をしてもらう前に、会社の査定を受けることになります。用意する書類は車検証とクレーン検査証です。それに、査定の際には機種、メーカー、型式、製造番号、年式、走行距離、アワーメーターなどの情報が必要になるので確認しておきましょう。また、実印と印鑑証明も忘れないようにしてください。 準備が整ったら査定を申し込みます。買取会社のホームページ上の査定申し込みフォーム上で住所、氏名、電話番号、事前に調べておいたクレーンの情報等を入力して査定を申し込みます。なお、査定はメール、電話、FAXで申し込みが可能です。 査定を申し込むと会社側から電話で連絡があり、概算の査定額を提示されます。この金額に納得できれば出張査定の段階へ進みます。出張査定は日時が指定できるので、希望日を指定してください。 この出張査定で、査定員が実際に現車を確認し査定額を最終決定します。金額に納得がいけば売買契約を結んでクレーンと引き渡し、その場で現金の受け取りとなります。 このような流れで買取は進みますので、中古クレーンの売却の際は参考にしてください。
Tagged on: , 株式会社三晃商会