ながい接骨院

20年で5万人の巻き爪矯正実績。中目黒ながい接骨院へご相談ください

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

巻き爪で悩んでいる人はたくさんいると言われています。仕方がないと諦めてそのまま放置している人も少なくありません。しかし、そのままにしているとだんだん状態が悪化し、痛みが増してしまうこともあるのです。爪が皮膚に食い込んで炎症を起こしたり、ばい菌が入ったりすることもあります。このように状態がひどくなってしまうと治療も大変です。場合によっては痛くて歩けなくなってしまうことも考えられます。日常生活に支障が出ることもあるので、そうなる前に適切な治療を受けることが大切です。巻き爪の悩みは皮膚科や形成外科で解消できます。まずは最寄りの皮膚科を受診してみましょう。状態に応じて別の専門病院を紹介してくれることもあるはずです。また、程度が軽ければ添え木のようなものを爪の両端に挟んで経過を観察することもあります。これなら外科的手術をすることなく、手軽に改善できるのでとても効率的です。患者への負担も全くかかりません。程度がひどくなってしまうと爪が皮膚に食い込んで、その部分が膿んでしまうことがあります。このような状態になってしまったら、早急に皮膚科を受診しましょう。まずは膿を取り除くところから始めます。膿んでいる部分が良くなってから巻き爪治療をするという流れが主流です。特に梅雨時はばい菌が繁殖しやすいので、衛生面にも気をつけましょう。常に清潔にしておくことも大切です。それから、丁寧なところでは爪の切り方を教えてくれることがあります。爪の切り方次第で巻き爪になりにくくすることもできるのです。自身の爪の映え方などをよく観察し、爪が皮膚に食い込みにくいように切る必要があります。他には窮屈な靴を履かないようにするといったことも大切です。靴選びは慎重に行いましょう。つま先が窮屈だとどうしても巻き爪になりやすくなってしまうのです。オーダーメイドが一番ですが、お金がかかって大変なら、いろいろな靴屋さんで試着してみることをおすすめします。
Tagged on: , ながい接骨院