ボックキッチンカー

移動販売車やキッチンカーを大阪の堺市で作っています、新車や中古車にシェルを乗せて内装、外装、設備、保健所、陸運局の対応と、オールインワンで承ります。食品やスイーツなど、移動販売車で起業や副業をされたい方はご相談ください。

自動車の関連情報

自動車(じどうしゃ、英: car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

移動販売車で一番大切なのが目立つことです。とはいっても、派手にすればいいということではなく、その車で何を売っているかが分かるようにすることが大切です。例えば、クレープ屋さんであれば、一目でわかるようにおしゃれなデザインにすることと、色も明るくすることがポイントです。それに加えて、移動販売車は改造をして用途に合わせますが、スポイラーなども変えることができるため全体のバランスを考えて製作をすることが必要です。ちなみに、あまり費用を掛けられないという場合にはラッピング塗装をするだけでも雰囲気を出して、印象付けることができます。ちなみに、車両は軽ワゴンから3トン車がありますが、クレープ屋さんなどはコンパクトのほうがいろいろな場所に行けるためメリットがあります。逆に移動スーパーをする場合にはある程度大きい車のほうが商品を詰めるため、顧客のニーズに合わせて調整しやすいです。そして、設備も重要で自分が使いやすくすることはもちろんのこと、お客さんも利用しやすいように工夫をして製作をすることが大切です。例えば、バックドアの部分を屋根替わりにすることで便利になります。それに加えて、大きめの窓を付けることによって開放感があり、お客さんが見やすくなります。そして、調理をする場合には保健所の許可を得る必要があります。そのため、設備に関してもシンクを二つ付けたり、換気扇も必要になります。もちろん、ガスコンロを使うこともあり、管理体制なども審査されます。それに加えて、衛生面は特に気を付けなければならないため、掃除がしやすいようにレイアウトを考慮することが大切です。ちなみに移動販売車を専門としている業者があり、いろいろなアイディアや実績のもとにアドバイスをしてくれます。そして、制作費用としては新車と中古車で変わるのですが、新車の場合は塗装や内装の改造を行って250万円ほどになります。それに加えて、外装塗装や手数料などを含めると300蔓延前後になります。そのため、移動販売車を製作してもらう時に、シミュレーションをしてベストな車になるように調整をすることが必要です。
Tagged on: , ボックキッチンカー