アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

耳に心地よい音楽のように聞こえる「フランス語」、フランス映画の独特な雰囲気は言葉の持つ力によるところも大きいのではないでしょうか。 「フランス語」はラテン語をルーツに持つ言語です。古代ローマ帝国では「ラテン語」が公用語として用いられていましたが、ラテン語から派生した言語はいくつかあり、それが「イタリア語」、「ポルトガル語」、「スペイン語」、そして「フランス語」だそうです。 ラテン語は難解なことで有名な言語ですが、その「ラテン語」をルーツに持つのであれば、フランスの言語を学ぶ上で「ラテン語」の知識があるかないかはポイントになりそうですね「フランス語」の語彙はそのほとんどが「ラテン語」から派生していることを考えれば、両方の言語を並行して勉強するのは良い方法かもしれません。 東京で外国語を学ぶのであれば、「アテネ・フランセ」があります。フランス語、英語と並んで古典語のコースではラテン語の授業を受けることもできます。
Tagged on: , アテネ・フランセ