キリムズジャパン

1984年創業のキリム専門店。オーナー自らトルコで買い付けたこだわりのキリムを取り扱っております。ご希望の色、サイズ、お部屋の雰囲気に合わせてご提案もできます。

キリムの関連情報

キリム (Kirimu) は、コンゴ民主共和国の山岳地帯に暮らすニャンガ族に伝わる森の怪物。 その姿は七つの頭に七つの角、七つの目を持っており、牙は犬の物で、尻尾は鷲の物であるという。獣竜ともいえる。普段は森の中でじっとしているが、腹が減ると動き出し、近辺の村々を襲い人間を食べるという。 キリムは『ムウィンド叙事詩』では、トゥボンド(Tubondo)という村の英雄ムウィンドに野ブタ(または猪)を捕らえるようにと遣わされたピグミーのハンター3人を丸呑みにしている。その後ムウィンドはコンガの笏(conga-scepter)と、これまでも幾度と無く奇跡を起こしてきた彼の歌を用いてキリムを倒している。ムウィンドの村の人々がキリムの腹を開けると3人のピグミーのハンターが生きたまま飛び出した。それどころか7つの目を火であぶったところ、過去にキリムに食べられた人々が次々と生きたまま飛び出し、その人数は1000人に及んだ。ムウィンドはその人々のために山をひとつ与えた。しかしキリムは、今までにたびたびムウィンドを助けてきた雷の精霊ヌクバ(またはンクバ。Nukuba)と昵懇であったことが語られ、ムウィンドはキリムを殺した罰を受けることとなる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

キリムとじゅうたんは似ていますが違います。そもそも用途に差がありますが、じゅうたんは足元に敷くのが基本です。使う場面は極めて限定的で、秋や冬以外は使いにくいところがデメリットです。しかし、キリムは作りによっては春や夏にも使えて、用途の幅が広いのが特徴であり、様々なシーンに使えます。元々はスカーフや体に纏えるように作られた織物ですから、扱いやすいのはメリットだと思います。 キリムはじゅうたんの様に敷けますが、それだけではもったいないです。壁に掛けたり、インテリアを強調する為に側に置いてみたりするのも、面白いと判断できます。模様が魅力的でもあり、車のソファーの下敷きに使えて、バリエーションが豊富でお勧めしたいです。じゅうたんと違って薄い物が多い為、応用が利きます。厚いと畳めない上に柔軟性に欠けますから、使いまわしを狙いたいなら断然、キリムです。 海外に旅行する時にもキリムは使えます。本当に薄い物はスカーフがわりに役立つのも強みです。
Tagged on: , キリムズジャパン